FC2ブログ
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
真のマゾ奴隷として真の主従関係を築き学び主様に尽くしていく調教記録です
DATE: 2015/02/28(土)   CATEGORY: 妙子の自慰行為
蝋燭自慰
主様に言われたこと。

「蝋燭も用意致しましょうね。」

用意致しました。普通の白い蝋燭を。
使用致しました。足だけの蝋燭自慰を。

使用する前の期待に涎を垂らすまんこです。

画像を消去致しました

白いものがお分かりになるでしょうか?

初めは主様に言われた通り足の裏に・・・
刺すような痛みを感じましたが、すぐに気持ちよくなってしまいました。
なんだか物足りなさを感じます。痛みが欲しくて足の甲に垂らします。
刺すような痛みを感じることができました。
2015022818251240b.jpg

気持ちよくなっては痛みを感じるところを探します。これを何度も繰り返し、呻き声が喘ぎ声に変わって、気持ち良さか痛みなのか分からずに、初めての蝋燭自慰で逝きました。
20150228182516ddb.jpg

足の内側は痛みに耐えられず、蝋を落とすことができませんでした。
まだ体のほんの一部です。
体中に蝋を落とされることが私の願望です。

画像を消去致しました

逝った後の陰部です。
更に涎が溢れました。


蝋燭でも感じてしまう変態マゾ奴隷 妙子です。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

satomi | URL | 2015/02/28(土) 22:32 [編集]
こんばんは

妙子さまはすごく頑張り屋さんですね。
白い蝋燭は、紅い低温蝋燭に比べて、かなり熱いと思われます。私は、紅い蝋燭でさえ泣き叫んでしまう有様。
主様の愛情が、妙子さまを強く健気にと導いていらっしゃるのでしょうね。
satomi様
千寿妙子 | URL | 2015/03/01(日) 06:43 [編集]
おはようございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

頑張り屋さんだなんて、とんでもありません。
私の中にあった変態な本性を主様が引き出して下さったのです。
satomi様こそ、泣き叫んでまでも主様に従うお姿、素敵です。

Copyright © 真のマゾ奴隷として変って行く私・・・. all rights reserved.