FC2ブログ
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
真のマゾ奴隷として真の主従関係を築き学び主様に尽くしていく調教記録です
錘に呻く
今日の行為。
乳首弄り。

まず使った小道具が錘の付いたクリップのようなもの。
錘の重さは数百グラムだったかと。

以前使ったときはクリップが外れてしまい上手に使えなかったのですが、今回はたった数百グラムで何度も逝ってしまいました。

両方の乳首に一つずつ、クリップの強さはそれほど強いものではありませんが、引っ張っても乳首からは簡単に外れないくらい。それをただ付けて乳首からぶら下げておくだけでは、それほど興奮することはないのです。

それを付けたまま、四つん這いになり錘が床に付かないようにするのです。
そして、身体を厭らしく動かすと乳首に付いた錘も一緒に動き始めるのです。
身体をクネクネと動かすと、錘が身体の動きに付いて行けずに乳首だけ別の方向に引っ張られます。

その時の痛みが私を興奮させました。
身体を色んな方向に動かすと乳首も色んな方向に引っ張られ、その動きは予測がつかないのです。
乳首が千切れてしまうのではないかと思うほど色んな方向に引っ張られ、私は何度も逝きました。

まんこからは淫汁が沢山、溢れていました。








スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 真のマゾ奴隷として変って行く私・・・. all rights reserved.