FC2ブログ
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
真のマゾ奴隷として真の主従関係を築き学び主様に尽くしていく調教記録です
DATE: 2019/01/31(木)   CATEGORY: 妙子の想い
変わらないこと
主様の奴隷となった時から今まで色々と変化し変わってきた私。

身につける下着や洋服、メイクや髪型も変わりました。

新しい行為を覚え、全てを快感に変えどんどん厭らしく淫乱になっていく私。


そんな中で変わらない気持ちもあります。

主様への忠誠心。

厭らしく変わって行くことも大切。
でも変わらない忠誠心を持ち続けることも大切。

どちらも大切ですね。

今日から5年目の淫乱変態マゾブタ奴隷妙子です。









スポンサーサイト
[PR]

パンティライン
今日の洋服。
普通のカジュアルな服装なのにフルバックのパンティのラインがくっきりと見えています。
恥ずかしいです。

恥ずかしい姿、見てください。

20190130191221a12.jpeg









DATE: 2019/01/29(火)   CATEGORY: 妙子の想い
瘡蓋
先日の乳首吊り。
痛みに興奮してとても興奮してしまいました。

暫くズキズキと余韻が残っていた乳首。
もう一つ、行為の痕が残っていました。

右の乳首の周りにたこ紐が擦れた傷が出来ていました。
綺麗な傷はカサブタになっていました。

傷を綺麗に治したければカサブタは取ってはいけないと言うけれど、傷は残って欲しいし、そもそも私はカサブタを取ってしまうのです。










DATE: 2019/01/28(月)   CATEGORY: 妙子の想い
溜め込む期間
月に一度の厭らしさを溜め込む期間になりました。

身体を弄らずに過ごす数日間。
でも頭の中ではいつも厭らしいことを考えているのです。
乳首を捻られてあっけなく逝ってしまったり、それだけでまんこを濡らしてはしたないと叱られたり、でかいケツを叩かれたり、そんなことをされてまた逝ってしまったり、妄想ばかりしています。

溜め込む期間が終わったら何をしようかと今から楽しみです。










DATE: 2019/01/27(日)   CATEGORY: 妙子の想い
精液を頂く場所
お口の奥に頂く精液も膣の中に頂く精液も主様から頂くものは全部大好きです。
どこに頂く精液も全部、大好きな主様のものです。

お口の中がいっぱいになって苦しくなるのも、膣の中で主様のちんぽがドクドクする感覚も大好きなこと。

今までも主様の精液を頂いて、でもまだ精液を頂けていない場所があるのです。

それはアナルの中。
アナルの中に精液を頂いたことがないのです。
まんこのようにドクドクするちんぽを感じることが出来るのでしょうか?
想像するとなんだか卑猥で興奮してしまいます。
主様のちんぽがドクドクするのが大好きです。
私の身体を使いドクドクして下さるのが嬉しいです。

でも、本当はどこでもいいのです。
顔に掛けて頂いても、でっかいケツを汚して頂いても、お好きな場所を使って頂ければ幸せなのです。









DATE: 2019/01/26(土)   CATEGORY: 妙子の想い
乳首の余韻
昨日、たこ紐で縛りドアノブで吊った乳首に残る僅かな痛み。
心地よい痛みに変わっていて、痛みが残っていることが嬉しかったです。

主様が直接与えて下さった痛みなら尚嬉しいのですが、贅沢は言いません。

一人になると僅かに痛みが残る乳首に手が伸びて、弄ってしまいます。

大きな乳首になるようにいつも弄っていたいと思います。









DATE: 2019/01/25(金)   CATEGORY: 調教自慰行為
乳首吊り
今日の行為は乳首の肥大化。

ネジ式の吸引器で吸い出した乳首はいつもの倍以上に大きくなり、とても卑猥な形になりました。
そんな乳首をたこ紐でぐるぐるに巻きました。
たこ紐でぐるぐる巻きになった乳首はパンパンです。

ドアノブで吊ることを覚えた私は今日はぐるぐる巻きの乳首を釣りました。
乳首のたこ紐をドアノブにかけ、身体の力を抜くと私の身体は重力に従い床に近づき、それに反してたこ紐に繋がれた乳首だけが、上を向いていました。

引っ張られまた形を変えた乳首が卑猥で、苦痛に声も出ない程。
でも気持ちよくて逃げたいのに逃げられなくて、どうにかなってしまいそうてした。
身につけていたパンティには大きなシミが出来ていました。

乳首の痛みはいつも以上で今も触ると薄れつつある痛みに感じてしまいます。

主様が「良い眺めですね。」とお褒めくださいました。








DATE: 2019/01/24(木)   CATEGORY: 調教自慰行為
白いクリトリス
今日はクリトリスの肥大調教。

いつものように吸引からと思い自作の吸引器でクリトリスを吸い出そうと、クリトリスに吸引器が触れた途端、感じてしまいました。なんだかいつもより敏感なクリトリスです。

クリトリスを吸引するとどんどん赤く大きくなるクリトリス。

大きくなったクリトリスをたこ紐で縛り、縛ったたこ紐の端を口に咥えました。
口に咥えたたこ紐に引っ張られ感じてしまうクリトリス。
感じると後ろに仰け反ってしまう私。
更に引っ張られるクリトリス。
クリトリスの気持ち良さに感じ、仰け反る私。
無限ループです。

いつもより強く引っ張られたクリトリスがとても気持ちよくてお漏らしをしてしまいました。

何度目かに果てた時に口に咥えたたこ紐を離してしまいました。
クリトリスを見ると引っ張られ過ぎたのか僅かにピンクが残る白いクリトリスになっていました。

主様が引っ張られたらどんなに強く引っ張って下さるのかと想像して興奮してしまいました。きっと強く強く引っ張って下さるのではないと、強く引っ張られたいと思ったのです。









DATE: 2019/01/23(水)   CATEGORY: 妙子の想い
大切にして頂くこと
今日は行為はお休み。

主様とメールをして、今日もまた大切にして頂いていると感じたのです。

大切にされる事と行為の内容は全くの別物だと思いました。
ソフトな優しい行為をしているからといって大切にされているわけでもないし、ハードなきつい行為ばかりしているからといって大切に思われていないわけでもない。
貸し出されるのも、大切じゃないからそうされるわけでもない。

そんな当たり前かもしれないことを私は今になって理解しました。

主様に大切にして頂いてようやく分かりました。

行為そのままのことも世の中にはあるのかもしれないけれど。










DATE: 2019/01/22(火)   CATEGORY: 調教自慰行為
乳房縛り
今日は久しぶりに乳房縛りを致しました。
今日のロープは園芸用のオレンジ色の細いロープ。
少し扱いにくいですが、身体に食い込んだ時の痛みがたまりません。

主様に醜い姿をご覧頂くために今日は鼻フックと猿轡も付けました。
醜い奴隷らしい顔になったところで、乳房をきつく縛っていきます。

両方の乳房を縛り終えた頃にはパンティは恥ずかしい淫汁で汚してしまいました。
締め付けられる感覚がたまりません。
乳房の痛みを脳内でも感じ、汚したまんこを弄りたくて、瘤付きロープでまんこを擦りました。気持ちよくて興奮して、まんこの疼きを止めることが出来なくなってしまいました。

おっきなちんぽディルドをまんこに入れました。
まんこがおっきなちんぽディルドを咥え込んで離しません。腰を振ってもまんこに入ったちんぽディルドはなかなか出てこず、はしたなく腰を振り、まんこの中が擦れるのを楽しみました。

おっきなちんぽディルドで気持ちよく感じ軽く潮吹きまでしましたが、なんだか物足りず、もっときつく責められたくなりました。

肝心の縛った乳房はほんのり色が変わりましたが、やはり私の縛る力ではどうにもならないようです。
ロープを上に引っ張り上げると、乳房が引っ張られ心地いい。
もっと引っ張られる為には…

ロープの端の結び目をドアノブに引っ掛けてみました。
自分で引っ張り上げていた時とは比べものにならない締め上げられる感覚。
みるみるうちに乳房の色が変わってきました。
乳房のロープだけに支えられました。

また一つ大好きな行為が増えました。








Copyright © 真のマゾ奴隷として変って行く私・・・. all rights reserved.