FC2ブログ
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
真のマゾ奴隷として真の主従関係を築き学び主様に尽くしていく調教記録です
禁止
今日も変態マゾ行為をしようとしていたのですが、禁止されました。
「今日の自慰変態マゾ行為は許しません」と。
ただ許されたことが2つだけ。
アナル・腸のお掃除と数時間の拡張行為。
この2つだけはお許し頂きました。

乳首を縛り、アナルも尿道もズボズボと攻められると思っていたので、禁止され、余計に身体が疼きだしてしまいました。

たった2つしか許されていない私は、その2つを十分に味わうことにしました。

まずは、腸のお掃除からです。
浣腸液を入れるとすぐに腹痛が襲ってきます。その痛みと苦しみを味わうように我慢を致します。
呻き声と共に身体が震えます。お尻を振り、少しでも苦しさから逃れようとしてしまいました。
しかし、苦しみから逃れられるはずもなく5分と経つか経たないうちにアナルからは少しずつ溢れ出そうと中から押されてしまいます。押し出され広がったアナルは閉じることも出来ず、全てをぶちまけました。

しばらく動けずに余韻に浸っていました。押し出されてくるあの感覚が堪らなく好きです。

その後は、アナル栓をして出かけるため、アナルにプラグを入れるのですが・・・
お掃除のせいで敏感になっていたのか、入れただけで感じてしまうのです。
何度もそれの繰り返し。ですが、主様に楽しんで頂くために、どうしてもアナル栓をして出かけたかったのです。
栓をしてパンティーを履きゴムバンドで固定をします。
ものすごく感じてしまい息が荒くなります。
20150808212353d9d.jpg
四つん這いになるとパンティーとプラグがはっきりと分かります。

人混みの中、プラグで押し広げられたアナルがずっとヒクついていました。
誰かに気付かれてしまったでしょうか?
ものすごく恥ずかしく、そして主様のご指示でその様なことをしている自分に興奮し、主様は喜んで下さるかとアナルを熱くしました。

禁止をされたはずなのに、私は興奮し感じていました。
どんなことでも私は快楽、興奮に繋がってしまいます。

久しぶりの主様のご指示に喜びを隠し切れない変態マゾ奴隷でした。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Copyright © 真のマゾ奴隷として変って行く私・・・. all rights reserved.